続けられるらくらくダイエットは、するっ茶です!

あの鈴木亜美もオススメです

空手帯の色(種類) - 空手用語集|仙台空手教室ナビ

空手帯の色は様々あり、白・緑・紫・茶・黒・オレンジ・青・黄などがあります。黒帯は有段者、白帯は入門者になっており、子供用に緑・黄・青などの色の帯が使われています。

 

黒帯と白帯の間の1級から3級は数多くの流派があり茶色の帯になっています。

 

日本空手協会の帯の色は無級・10級・9級・8級・7級は白帯、6級は緑、5級・4級は紫、3級・2級・1級は茶色、初段以上は黒帯になります。
極真会館の帯の色は無級は白、10級・9級はオレンジ、8級・7級は青、6級・5級は黄、4級・3級は緑、2級・1級は茶、初段以上は黒帯になります。
空手には数多くの流派があり、型や規則も違い大きく伝統派空手とフルコンタクト空手の2つの分かれています。

 

伝統派空手の道衣は上衣は手首まで長く下穿きはくるぶしまで長いのが特徴です。フルコンタクト空手の道衣はヒジが隠れるか出る位の長さで、中には袖無しに近い上衣もあります。下穿きは床に付く程の長くゆったりしているのが特徴です。

 

流派によって色も級も違いますが、黒帯が一番強く、白帯が一番弱いことだけは一緒のようです。帯の色を知っておくと見るのも面白いかもしれませんね。

 

 

 

\仙台市内で空手を習うならこちらからどうぞ/

子供空手無料体験教室情報はこちら

 

空手無料体験教室情報はこちら

 

続けられるらくらくダイエットは、するっ茶です!

あの鈴木亜美もオススメです

 

国内外のドラマ、映画、アニメが楽しめます。

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中