続けられるらくらくダイエットは、するっ茶です!

あの鈴木亜美もオススメです

空手黒帯とは?

空手黒帯とは?
空手の帯色は柔道に習って取り入れられたもののようです。

 

 

帯の色は有段者かどうかを表すもので空手の場合、入門当初は白帯から始まることとなります。白帯の上になってくると級がつくこととなります。

 

4級以下は緑や黄色、青などの帯が、3級、2級、1級と初段に上がるまでは茶色をはじめとした紫きや灰色などの色が着いた帯が締められることが多いようです。

 

初段をはじめ有段者になると黒帯ということになります。つまり、空手で黒帯ということになると段位を持っている強者の証しでもあるといえるということになります。

 

黒帯が白帯よりも強いとされるのは白帯は何にも汚されていない、つまり初心者の証しであると言うこととなるのに比べて年期を重ねるごとに本来、洗われる事のない帯は汚れていくと言う考え方が根底にあると言われています。

 

白が汚れて茶色に変化していき、さらに年期が入って黒に変化していく、つまり黒くなるほど帯が汚れているということを意味しているのです。帯が黒く汚れるほどの経験者で実力があるということの証しにもなっているとういことになるです。

 

 

\空手を始めてみませんか?/

子供空手無料体験教室情報はこちら

 

空手無料体験教室情報はこちら

 

続けられるらくらくダイエットは、するっ茶です!

あの鈴木亜美もオススメです

 

国内外のドラマ、映画、アニメが楽しめます。

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中