続けられるらくらくダイエットは、するっ茶です!

あの鈴木亜美もオススメです

空手用語集|仙台空手教室ナビ記事一覧

まず、マンガやアニメに出てくるような「○○流奥義××拳」といったような、いわゆる最強の必殺技という意味での奥義というものは、実際には存在しません。ああいったものは、フィクションの世界に存在するものです。では、実際の奥義とはどういったものかというと、辞書的な意味で言えば、「学問・技芸・武芸などの最も奥深い大切な事柄」のことです。つまり、奥義とは、空手を極めた人が最後にたどりつく境地であるといえます。...

護身術とは相手の攻撃を避けるか抑えるかして自分の身を安全に守るための技術で、近年の日本も安全ではないので、できれば護身術を身につけておくと安心だと思います。護身術は空手、合気道、柔道、拳法などの様々な技を取り入れているので、空手を習ったら護身術になります。空手道場で護身術を学ぶことができ、教室やセミナーを開催している団体やサイトも多くあります。空手教室で稽古を続ける中で自然と護身術が身に付き、特に...

空手の帯の色は様々ですよね。黒帯が強いというイメージは空手を深く知らない人でも何となく知識としてもっているかもしれませんが、他の色となるとどうでしょう。私も赤帯という言葉を耳にして気になって調べてみたのですが、予想しなかった答えが見つかる結果となりました。知っている人には当たり前かもしれませんが、空手の帯の色というのは流派や団体、道場によって異なるそうなのです。また少年の部は別扱いになることもある...

小学生の場合で月謝がだいたい6000〜7000円が相場です。これに空手着代が約10000円程度かかり、入会金がある道場の場合はプラス10000円ほどとなります。さらに、各県などにある空手の総本部などの会員登録費用として年会費がおよそ5000ほどということが多いようです。休会した際には休会費がとられる道場もあり、だいたい1000円/月程度となっています。さらに、昇給審査会などで帯代込みで10000円...

フルコンタクト空手って聞いたことありますか?わざわざ頭にフルコンタクトと付いているので、普通の空手と違うのは想像がつきます。では、どのような空手の事なのでしょうか。通常の空手は、あくまで武道としての側面が強く、型や組手で精神を鍛えるといった要素もあるため、相手との接触がほぼありません。試合では、いわゆる寸止めや少しのコンタクトが原則となっており打撃を与えあうという事はほぼありません。しかし、フルコ...

体を鍛えるために空手を始めて、せっかくなのでと初段を目指す方も多いと思います。実際に空手を始めたとして初段になれるのはどれくらいの期間がかかるのでしょうか。空手の道場や団体ごとに段位認定の仕方は若干異なるものの、多くの道場では、10級からスタートして1級まで行くと初段になるための昇段試験を受けることができるようです。ここまでに掛かる期間の例として、毎週2、3度の道場通いの場合は、最短でも3年程度、...

空手には様々な種類があります。伝統空手と極真空手はその中でも大きな流派の一つです。その特徴についてかんたんにまとめましょう。伝統空手とはフルコンタクト空手や総合格闘技とは違い、古流の伝統技術に基づいている空手の流派を指します。その特徴としては、試合で寸止めや当て止めを採用している事が挙げられます。寸止めは相手に当てる直前で手足を止める事、当て止めは打撃を与えず相手にそっと手足を当てた所で止める事で...

空手には青柳や安南公、燕飛、来留頓破など流派により採用されているものは違いますが、型というものがあります。では、そもそも型とは何なのか。空手における型というものは、四方八方からやってくる外敵を仮設した中で、自分の身を護ることを想定した攻撃・防御の方法であり、言っての演武線上で行う自己防御の姿勢だといえます。つまり、空手という競技の中に存在する技の集大成であり、複数の敵との闘いをシュミレーションした...

空手には4大流派と呼ばれる4つの流派が存在します。那覇手出身の宮崎長順が創始した剛柔流。明治期を代表する空手の大家である東恩納寛量氏から学んだ那覇手に独自の研究を新たに加え誕生した空手の流派です。現在、剛柔流はいくつかの会派にわかれています。比嘉世幸系統、八木明徳系統、宮里栄一系統、渡口政吉系統と4つの系統があり、これらとは別に本土で独自に浸透した系統があります。次に、首里手出身の船腰義珍が創始し...

空手帯の色は様々あり、白・緑・紫・茶・黒・オレンジ・青・黄などがあります。黒帯は有段者、白帯は入門者になっており、子供用に緑・黄・青などの色の帯が使われています。黒帯と白帯の間の1級から3級は数多くの流派があり茶色の帯になっています。日本空手協会の帯の色は無級・10級・9級・8級・7級は白帯、6級は緑、5級・4級は紫、3級・2級・1級は茶色、初段以上は黒帯になります。極真会館の帯の色は無級は白、1...

剛柔流とは空手における流派のひとつで、ごうじゅうりゅうと読みます。空手四大流派のひとつとされており、ちなみに他の三つは松涛館流、糸東流、和道流となっています。剛柔流は昭和4年に新里仁安という人物によって命名されました。新里仁安は宮城長順の高弟であり、後にこの宮城長順が追認したことから剛柔流が流派名として定着しました。開祖である宮城長順が那覇手と呼ばれる現代の空手に通じる唐手の一系統に独自に研究を加...

空手演武とは?空手演武とは、型の模範演技になります。世界空手道選手権大会での空手演武などを見ていると非常に美しく、観衆をどよめかせます。空手といえば、試合ばかりが注目されがちですが、型の演舞も見所の一つです。最近では、ネットの海外サイトや海外掲示板などで、日本の少女による空手演武が人気を集めています。空手演武というのは、一人で演武する空手の練習形式にあり、各種技を決まった順序で演武していきます。空...

空手青帯とは?空手は帯の色によって強さが変わります。しかし、流派、団体、道場などにより帯の色の基準は全然違うのです。たとえば、日本空手協会は7級までは白帯となっています。6級は緑、5級4級は紫、3〜1級は茶帯です。初段以上は黒帯となるでしょう。極真会館は、無級の場合はシロ、10段9段はオレンジ、8級7級は青、6級5級は黄色、4級3級は緑色、2級1級は茶色、初段以上は黒帯となっています。青帯は、極真...

大道塾とはどんなものですか?大道塾とは、新しい空手の団体で、空手から発展した格闘空手の団体です。代表師範は東孝で、彼は元極真会館に所属していました。極真会館第9回全日本空手道選手権王者となった東孝が1981年2月17日に創立した大道塾は、東京都豊島区に総本部を置いています。国内100ヶ所以上、海外約60ヶ国に支部を置く総合武道の団体で、実戦性と安全性を重視した武道スポーツです。大道塾は、直接打撃性...

空手黒帯とは?空手の帯色は柔道に習って取り入れられたもののようです。帯の色は有段者かどうかを表すもので空手の場合、入門当初は白帯から始まることとなります。白帯の上になってくると級がつくこととなります。4級以下は緑や黄色、青などの帯が、3級、2級、1級と初段に上がるまでは茶色をはじめとした紫きや灰色などの色が着いた帯が締められることが多いようです。初段をはじめ有段者になると黒帯ということになります。...