続けられるらくらくダイエットは、するっ茶です!

あの鈴木亜美もオススメです

空手の黒帯とは? - 空手FAQ|仙台空手教室ナビ

空手の黒帯とは、空手道で初段以上の有段者が締める帯のことを指し、一般的にはそれを巻く人物の空手の腕前が良いことを表す象徴となっています。

 

黒帯の由来は、道着の帯は道着本体とは違って常に洗濯するわけでないので、使い込むほどに色合いが変わってきます。それが最終的に黒ずんできて、初心者とは違う色になったこととされています。柔道や空手道の段級位制がある空手において黒帯の下が茶帯となっているのは、黒になる前の色であることを示しています。

 

初心者が黒帯を目指す場合、週に数回道場に通った場合でも3年から5年程度はかかると言われています。空手の種類や団体によって独自の段位制度を設けているため、もっと早い場合も遅い場合もあるようです。

 

一般的には初心者は10級から始まり、1級までたどり着き、その次の昇段試験によって初段となれます。黒帯とはいっても、空手の達人として認められるわけではなく、基本が一通りで来て、指定された型や組手が問題なくできるといった、空手を身に付ける上での一通過点としての役割しか果たさないとも言われています。

 

 

 

 

\幼稚園年長児から始められる空手教室はココ!/

子供空手無料体験教室情報はこちら

 

空手無料体験教室情報はこちら

 

続けられるらくらくダイエットは、するっ茶です!

あの鈴木亜美もオススメです

 

国内外のドラマ、映画、アニメが楽しめます。

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中